抜け毛予防と育毛剤を考える!まずは、抜け毛の原因をチェック!

髪の毛には毛周期(髪の毛の生えてくる周期)があり、「成長期」、「退行期」、「休止期」を得て「脱毛」します。そのため、「脱毛」フェーズになれば誰でも抜け毛は発生します。

季節によっても若干異なりますが、1日100本を超えなければ(通常は1日50本~70本程度)特に問題ない範囲です。

髪の毛の毛周期は意外と長く、正常な周期は約6年で、成長期は5~6年あります。


抜け毛の増加は毛周期が乱れにあります。

髪の毛を作り出す働きがある毛乳頭へ「髪の毛を生産しなさい」と言う発毛命令が届かなくなると、毛乳頭は髪の毛を作らなくて良いと判断して、成長期の髪の毛の成長を止めてしまい退行期、休止期に入り、予定よりも早く抜けてしまいます。

その結果、通常は抜けるはずのなかった髪の毛が抜けてしまうので、抜け毛が増える結果となり、抜け毛が目立つようになります。


抜け毛予防するには髪の成長期を継続させる必要があります。そのためには、髪の毛を作り出す毛乳頭が活発に活動しなければなりません。

活発に活動するためには毛乳頭に発毛命令を届ける必要があります。しかし、発毛命令を届ける「情報たんぱく質」はとても不安定なため、発毛命令を届けられていませんでした。

そこで、「情報たんぱく質」を安定化させる働きをするのが、特許成分「長鎖分割ポリリン酸」です。


抜け毛予防のために育毛剤で太い髪の毛を育てる事には!

発毛命令を毛乳頭へ届ける役割をする情報たんぱく質は不安定で寿命が約4~5時間しかありません。ストレスや環境状況により更に短い時間になってしまいます。


そこで、薬用ポリピュアに含まれる特許成分「長鎖分割ポリリン酸」は発毛命令を持つ情報たんぱく質を安定化する事ができます。


具体的には、情報たんぱく質の持続力が約2.9倍アップさせますので、発毛命令を毛乳頭へ届ける事ができます。


発毛命令が届くため、毛乳頭の活動が活発になり、毛乳頭のパワーが約3倍になります。その結果、髪の成長を継続し、太く抜けにくい髪の毛を作り出すので、抜け毛予防につながります。


更に、休んでいた毛乳頭からの発毛促進も期待できますので薄毛の改善につながります。



抜け毛予防を改善する3つのポイント!

特許成分「長鎖分割ポリリン酸」が発毛命令を毛乳頭へ届けるサポートをする!
髪の成長期を継続させ、抜けにくい太い髪の毛を生産!抜け毛予防対策が可能!
発毛命令がなかったために休んでいた毛乳頭から発毛促進が期待できる!


抜け毛予防が育毛剤でできるの?と不安な方へ!

薬用ポリピュアが、本当に抜け毛予防対策になるの?と疑問を感じている方もいるでしょう。そこで、薬用ポリピュアは全額返金制度を導入しています。


条件として、商品到着後45日以内に、電話連絡をした上で、使用中の薬用ポリピュアを返品すれば、指定した口座に全額返金してもらえます。


この制度を有効に利用すれば、もしも効果がなかったとしても返品してしまえば全額返金してもらえるのでリスクなしで試してみる事ができます。


逆にいえば全額返金制度をつけられるほどの商品力があるからこそできる制度なのです。


抜け毛予防!類似する育毛剤との比較結果!

商品名 主な成分&比較ポイント
薬用ポリピュア
ポリピュア
特許成分「ポリリン酸」で抜け毛予防!一押しの育毛剤!
特許成分「ポリリン酸」が発毛命令を届ける役割の情報たんぱく質の持続力を約2.9倍にアップさせるため、発毛命令が毛乳頭へ届き発毛促進を促します。
その結果、毛乳頭のパワーが約3倍になり、抜けにくく丈夫な髪を作ります。このため、抜け毛予防につながります。
また、休んでいた毛根にも働きかけ発毛促進しますので、薄毛の改善にも効果的です。更に安全性にもこだわりを持っています。「ポリリン酸」はもともと体の中にある成分ですし、その他成分についても体に害のない成分を利用しています。
更に45日以内であれば開封していても全額返金が受けられる制度もあります。それほど自信のある育毛剤であると言えるでしょう。騙されたと思って利用してみても45日以内であれば返品できるので、まずは試してみる事をオススメします。 ポリリン酸 育毛
スカルプジェット
抜け毛予防は可能だが、発毛促進は難しい!
「プロシアニジンオリゴマー」がハリとコシのある丈夫な髪を育てると有名ですが、発毛促進効果は期待できないので髪の毛の本数を現状維持したい方向けの育毛剤です。
抜け毛予防と薄毛を改善したいと考えているのであれば特許成分「ポリリン酸」が配合されている薬用ポリピュアがオススメです。
また、薬用ポリピュアは全額返金制度が付いているのに対して、スカルプジェットはついていません。その事により商品力では薬用ポリピュアの方が高いです。
M-1育毛ミスト
頭皮ケアでは群を抜くが発毛命令がないと辛い!
「分子ピーリング」で頭皮ケアと栄養を頭皮に与える点ではピカイチの育毛剤です。ただし、栄養を与えるだけでは抜け毛予防にはなりません。
それは、発毛命令が毛乳頭に届いていなければ栄養があっても髪が成長しないので抜け毛は減らないためです。
そのため、薬用ポリピュアの「ポリリン酸」により、発毛命令を届ける情報たんぱく質を助け、毛乳頭へ発毛命令を届けるのが良い抜け毛予防法なので、薬用ポリピュアをオススメします。 M-1 ポリピュア 併用
New HCB
ローション
ポリリン酸を利用した育毛剤ですが、安全面で不安!
薬用ポリピュアと同様にポリリン酸を配合した育毛剤です。New HCBローションと比べて薬用ポリピュアの方が2つの点について優れています。1つ目は安全性です。
New HCBローションは防腐剤として「パラオキシ安息香酸エチル」を利用しています。この成分は皮膚炎になる可能性があると言われているため、頭皮への影響が懸念されます。
それに対して薬用ポリピュアは安全とされているフェノキシエタノールを利用しています。
2つ目は全額返金制度です。薬用ポリピュアは45日以内であれば開封済みでも返品する事で全額返金を受ける事ができます。New HCBローションにはそのような制度がありません。
そのため、薬用ポリピュアをオススメします。 New HCBローション
サクセス
バイタルチャージ
発毛促進の効果が限定的!
「t-フラバノン」が毛乳頭に直接作用し髪の成長を促進するので、発毛促進が期待できる点では薬用ポリピュアと同じです。ただ、期待できる結果が違います。
具体的には、サクセスに含まれる「t-フラバノン」は日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて、「C-1:行う事を考慮しても良いが十分な根拠がない」とされており、軽症のAGAであれば1年間の使用が推奨とされています。
それに対して薬用ポリピュアに含まれる「ポリリン酸」は日本の他にアメリカ、ヨーロッパで認められた特許成分です。
2ヶ月以内に育毛を実感している方が多い事も「ポリリン酸」の優れた効果と言えるでしょう。この事により薬用ポリピュアをオススメします サクセスバイタルチャージ
リアルラゾン
脱毛症に高い効果を上げているが安全性が不安
ナノ化した有効成分が毛母細胞を活性化して多くの脱毛症に効果を発揮します。ただ、不安要素として防腐剤にパラベンを利用している点です。皮膚疾患の原因とも言われています。
これから抜け毛予防、育毛しようとしているのに頭皮に良くない影響を与える可能性がある成分が含まれているためお勧めできません。特にアレルギーを持っている方は要注意です。
また、薬用ポリピュアは防腐剤にフェノキシエタノールを利用しており、安全性が高いとされています。
また、薬用ポリピュアには全額返金保証が45日間ついていますが、リアルラゾンにはありません。薬用ポリピュアに含まれるポリリン酸の力で抜け毛予防、発毛促進をする事をオススメします。 リアルラゾン